==============================
 
 
あの楽天の伝説ページ!「ごご6の語り!」が新しく生まれ変わって再登場です!

その名も・・・今日のっ!。

スタイリング有り、語り有り、店員森井が勝手に?独自目線でとらえた様々な「今日のっ!」をお届けします。



★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!2017年7月〜8月。

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2017年9月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2017年10月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2017年11月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2017年12月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年01月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年02月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年03月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年04月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年05月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年06月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年07月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年08月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年09月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年10&11月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2018年12月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2019年01月VER)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2019年2月VER。)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2019年3月〜4月VER。)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2019年5月〜6月VER。)

★過去の今日のっ!はこちらから!→今日のっ!(2019年7月〜8月VER。)
==============================
★2019.10.07(月)更新★
今日のっ・・・素材でっ!
 
皆さん!シャツをテーマに連日着こなしを交えて
ご提案させて頂いておりますが、シャツのイメージ如何でしょうか?
あれっ?意外と使えるやん、あれっ?イメージと違った・・・
そして、久しぶりに着てみようかな???なんて思っていただければ
本当に幸いでございます。

シャツって意外と汎用性が利いて、本当に今の時期使えますからねぇ〜。
勿論、冬のインナーとしても、しっかり使える要素は本当に無限大です。
さて今回は、そのシャツ自体の素材色々で着こなしのご提案です。

生地素材が違うと、使う汎用性もまた異なってくるのが使い勝手が広い要素!
今回はあえてカジュアルに、パンツはウエアハウスのチノ、
スニーカーはバズリクソンズのミリタリースニーカーで統一しました。

先ずはトパーズのザクっと気軽なシャンブレーシャツ!

シャンブレーシャツと言えば、王道中の王道のシャツアイテム。
間違いなく合わないはずがない着こなしですが、丁度中間的でライト目な
生地感が季節感もさりながら、やっぱり幅広い使い勝手を楽しませてくれるのがシャンブレー!
シンプルでワーク感が楽しめる、ミリタリーハットでミリタリーテイストをUPしました。

そしてやっぱりワークの王道な生地感は外せません!

着用しているのは、シュガーケーンのWABASHのワークシャツ。
これはもう鉄板中の鉄板ですが、中厚な生地感をザクっと着こなす!
やや緩めなサイジング、タックボタン仕様な所も、実はシャツジャケット的な
羽織要素でも行ける!そんな使い勝手と間違いのないインディゴの変化が楽しめる
要素も面白さ大のアイテムですね!チノパンにもしっくりとキマル♪

時にはクールに素材感とスタイルを楽しめる♪

着用しているのはオルゲイユのカッタウェイシャツ。
一見クラシカルでドレス感のある襟形状は、カジュアルには不向き?
そう思われがちですが、意外にもカジュアルにサラリと着こなせるのがこのアイテムのポイント!
帽子もアクセントにしてしまえば、カジュアルなチノでも問題なく着こなせます!
また、半袖TEEを着ているかのような、カットソーのようなライトな生地感は
中間の季節にも丁度いい具合に!クールな印象でありながら逆のカジュアル感が良し!

色合いも絶妙なカラーリングと、柔らかな素材感をスタイルに!

着用しているのはトパーズのシャツ、ヤズーリバー。
杢調のカラーリングだからこそ、赤色でも柔らかく見えるのがこのシャツのバランスの良さ。
また色にも表れる、ソフトな生地感は本当に中間の季節にも肌触りも優しく、ふんわりと
着こなしもどことなく優しく?着こなせる印象が使いやすさの理由ではないでしょうか?
ネルシャツまでいかないウェイト感が、インナーでも使える要素を持ち合わせていますね。

そして、デニムはやっぱり着たくなる素材!

着用しているのは何を隠そう?タフネスのデニムカバーオールシャツ。
やっぱり着たくなりますよね!デニムという素材のシャツの存在。
やっぱり何だかんだ、この素材を置いてはアメカジというかファッションに外せない
アイテムではないかと思うんです!ジージャンほどごつくなく、且つライトすぎない
生地の存在は、この一枚のようにシャツとしても、軽いアウター的要素としても
非常に使える一枚ではないかと思います。

さて!この素材や形状はほんの一部、そう!まだまだシャツのスタイルは幅広いんですよね!
そして、画像のように、パンツは同じでもシャツやそのほかのチョイスが違うだけで、
スタイルの見栄えも全然変わるんですよね!

このスタイルの面白さ!やっぱりシャツ!着たくなる要素ではないでしょうか?
この中間的な季節のスタイルだからこそ、幅広く使えるアイテムで楽しみたいですよね!
という事で今日はこの辺で、店員の森井でした。

次回はシャツ最終章?アウター要素!ですっ!
★今日のっ!ピックアップHPは!→■シュガーケーン フィクションロマンス・SC25551A 8.5oz WABASH STRIPE WORK SHIRT      
==============================
★2019.10.06(日)更新★
今日のっ・・・バンドカラーのっ!

先日キレイ目に着る!をテーマに
語らせて頂きましたが、そのキレイ目な中に
ドレス感というイメージもあるのではないでしょうか?

そしてそのドレス感というと、クラシカルな、という点も
つながってくるような気がして・・・
そんなクラシカルなシャツとくると、
このスタイルアイテムは、外せないアイテムとなってきますよね。

そう、バンドカラーシャツ。
アイテムはオルゲイユのバンドカラーシャツ。
わたくしの私物ですが、いわゆるスタンドカラーといったほうが、
分かりやすい感じかもしれません、簡単に言えばいわゆる剣先が無い、立ち襟の襟仕様。

そう、この襟形状のアイテムがバンドカラーシャツ。
ここ数年、アメカジ以外にも幅広いシャツのアイテムとして
カジュアルに、芸能人のメディアでもたまに見かけることがありますよね。

そんな着用スタイルを見てみると、お気づきでしょうか?
意外と、クラシカルに、ドレスにカチッとコーデしてないですよね!
そう!バンドカラーと言ってもイメージするような硬さや、
クラシックやドレスに偏ってないスタイルで、着こなしは可能なんです。

だからやっぱりカジュアルに!今日のスタイルはこんな風に。

オルゲイユのバンドカラーをラフにカジュアルなシャツの感覚で
今っぽくコーデしてみました。
腕捲り&前を閉め過ぎずに、そう、先日のあのボタンを外す着方です!
そして細めのジャパンブルーのジーンズでスッキリと今っぽく、
ブーツはレッドウィングのベックマンフラットボックスで、
ちょっとクラシカルにはしてみましたが、あくまで全体がカジュアル
になるように、デニムのハットでアクセントを付けてみました。
如何でしょうか?バンドカラーでもこんな風に着こなすことで、
硬いイメージの印象から、いつものカジュアルな印象に変えることができるんです。

そしてもちろん、気になる首元のボタンですが!

全部首元まで閉めても、そしてあえてフルオープンで着用しても
全く嫌味な印象と、硬さが感じられないところも、このアイテムのポイント!
そうなんです!バンドカラーと聞くと、どうしてもクラシカルでドレスで
硬い印象のカジュアル、ジーンズなどでは合わせにくい。。。そう思うかもしれません、

が、そのイメージとは相反した着こなしがカジュアルに出来るのも要素なんです!
例えば違うバンドからのシャツでも!

着用しているのはサウンドマンのバンドカラーシャツ、リビングストーン。

意外にこのアイテムも、カジュアルにスタイル良く着こなせてしまうんです♪
そして画像のように、ベストとのコーデも普通にハマる。

如何でしたでしょうか?

バンドカラーと言えどもシャツはシャツ。カジュアルに着こなせないはずがないのも
このシャツとしてのカジュアルさがある特徴的な所ではないでしょうか?
もちろん、時にはクールな大人な印象でも、確実に着こなせるのがこういったアイテムの
逆な良さがあるのではないかと思います。バンドカラーの存在、皆さん忘れていませんか?

意外な着こなしの良さと、そのスタイリングの楽しみが幅広く味わえる要素。
是非バンドカラーシャツも、味わっていただきたい、そんな一枚ですね♪

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
次回は、シャツの素材っ!?変更の可能性あり。

★今日のっ!ピックアップHPは!→■オルゲイユ(ORGUEIL) バンドカラー長袖シャツ・OR-5016E Band Collar Shirt     
==============================
 

★2019.10.05(土)更新★
今日のっ・・・時にキレイ目に?
 
先日は武骨なワークシャツを着用しての
今日のっ!ではございましたが、
今回は予告通り?
キレイ目な雰囲気でのシャツスタイルを
ピックアップしてみました。

キレイ目と言えども決してクールにドレスでびしっと!
ではなくて、あくまでカジュアルにキレイ目風にそんなスタイルの提案です。
今回着ているのは、私の中でもかなりお気に入りシャツのひとつ

そう、サウンドマンのボストン2。

サウンドマンの中でも定番のシャツとして、今期は少しデティールを変えて
ヘリンボーン生地で秋冬のスタイルに落とし込まれている一枚。
画像でご紹介するのは、過去のモデルですが、シルエットは変わらず継承されているところは
またついつい欲しくなってしまう要素なんですが・・・

さて、そのついつい欲しくなってしまう要素とは?

先ずなんといってもシルエット、見た目はすっきりとした見た目ながら、
着用感は余裕があり、楽に着こなせるのに、全体的にキレイに見える!
色が白、という所もあるかもしれませんが、本当に無理なく着易く、着こなせちゃうんですよね。

キレイ目にというと、さもタイトな印象を持たれるかもしれませんが
意外にそれだけではないんですよね、このシャツを着て本当に体感した次第なんです!
では早速、そんなキレイ目なシルエットをラフに着こなしてみると!

あえて、長めの着丈ではありますが、ラフにシャツを出して着こなしてみました、
意外と真っ直ぐなシルエットの恩恵を生かして、出して着ても変にもたつかず
意外にすんなり着こなせちゃうんです、腕捲りも実はポイント。

パンツはタフネスのW601チノとのコーディネート、あくまでカジュアルテイストでの
着こなしをしたかったので、インナーはタフネスのW3002、42OLOVEカラーをチョイスしました。
ちなみにこのインナーのカラー、個人的にもすごく気に入っている組み合わせなんです。
かなり使えるカラーなんですよね、この42OLIVEカラーが!それはさておき・・・?
 
ブーツはちょっとキレイめ意識のベックマンフラットボックス、ブーツを魅せるために
ちょっと多めのロールアップも全体をもたつかせない要素なんです。
そしてパンツINするとサラにキレイ目な印象で!

長めの着丈感だからこそ、きれいにパンツINできる要素は大。
いやパンツINはちょっと・・・そう思う方に、是非とも試していただきたくなるような
そんなシルエットがこのシャツにはあるんです!
また、このシャツに限らず、実はシャツを着た時にパンツINするだけで、
いつものシャツアイテムでも、いつもの着こなしでも、雰囲気が全然ガラリと変わるんですよね♪
それだけでキレイ目に見えるのも!やっぱりポイントではないでしょうか?

そしてそんなシャツスタイルの着こなしを生かして・・・

ベストも普通にサラリと着こなせる。
着用しているのは、サウンドマンのベスト、マーシー。
嫌味なく、すんなりと簡単にハマるんです。
そしてサラには!!!やっぱりこのアイテムも!!!

そう!A-2をサラリとその上に羽織っちゃう!
着用しているのはトイズマッコイのトイズマッコイネームA-2。
このシャツスタイルだからこそ、自然と武骨に感じるA-2も、カジュアルにそしてキレイ目に
全体を纏めてコーディネートする事が出来ちゃうんですよね。

如何でしょうか?単にキレイに、と言葉で聞くと、どうしてもドレッシーなイメージや
タイトに着なきゃいけない?そんなイメージになりがちかもしれません・・・
が、実は着こなし方ひとつ、アイテムチョイス次第でサラリとスタイルがキレイに見えたりするんです。
そして、まだまだパンツインする着こなしが苦手・・・なんて方も確実に多いと思いますが、
あえて着丈の長いアイテムをチョイスして、今回のように楽にパンツINさせてしまえば、
すんなり使える様になるのではないかと思います。僕も最初はそうだったので・・・。

でもその着こなしが使えると、本当にいつものアイテムが、
また別のスタイルを楽しませてくれるのは確か!
そして着たかったあの羽織りモノやベスト等々、幅広く懸念なしに着こなせる、
スタイルに幅が出るかと思いますよ!!!
 
という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
次回は、忘れないでバンドカラーです。(笑)変更の可能性あり?

★今日のっ!ピックアップHPは!→■サウンドマン(Soundman) 長袖BDシャツ・215M-861M Boston ?     
==============================

★2019.10.04(金)更新★
今日のっ・・・シャツっ!
 
さて、先日までベストについて
うだうだ始めていましたが・・・(笑)
この時期、ベストに次いで使えるアイテムと言えばやっぱり!
A-2!おっとそう来たか!ではございますがこのネタは後日談として(笑)

やっぱりシャツは外せないアイテムではないでしょうか?
皆さん、シャツってどんなイメージを持たれますか?
ワーク?ドレス?それぞれ様々あるとは思いますが、

その前に、ここ最近、着ていない・・・

そんな方も多いのではないでしょうか?
でも、ベストを含め、何気に一番使えるアイテムなのが
シャツもその一つではないか?と思うんです。
時にはインナー、時には羽織り、時には通常どおりボタンを締めて。
また素材感も色々、コットン、ウール、レーヨン等々、上げたらきりがないのが
その素材の種類。それぞれ季節感によっても楽しめるのがシャツの大きなポイント!
ではないでしょうか?

例えばこんな一枚。

トロフィークロージングのガスワーカーシャツ。
シンプルで、ミリタリーのような印象がありますが、
この何気ないシャツ、実はものすごく素材感もライトで着やすいんです。
シャンブレーより薄めのコットンワッシャーを使用し、ものすごく軽くて
サラリとした肌触り、そう!A-2のライニングのあのコットンブロードのような生地感なんです。

そんな素材感もありながら・・・

背面の刺繍がまた、シンプルな形状のところにサラリと雰囲気をUPさせてくれる。
ここ数年なかった王道なロゴ刺繍は、やっぱりアメカジのシャツには無くてはならない
この存在感。そこで今日はそんな王道なシャツを王道に!ジーンズ&ブーツ!
また外しのポイントは、インナーのプリントTEE、シンプルなフロントの見た目だからこそ
デザインもので明るめにチョイス!


ここ数日の中間的なお天気には、
こんな感じでサラリと、前を開けて袖をまくって羽織りのように着ています。
このラフな羽織り感ができるのも、やっぱりシャツの恩恵。
嫌味が無く、だらしなく見えないのがこういったワークシャツの強みではないでしょうか?

えっ?いつも前開き?そう思うかもしれませんが、前を閉めるときはこんな風に。

よーく見ると、フロントのボタンが一番上と2段目、そして下から一番目は
あえて開けて着ているんです、僕みたいな体型だとどうしてもボタンを締めすぎると
よりパツパツに見えてしまうので・・・また閉めてもこのくらいがちょうどいいかな?
そう思うんです。勿論この上に、何か羽織ったりする場合はしっかり閉めますが・・・。
こんな雰囲気でラフに着こなせるのがシャツなんです。

シャツというと硬いイメージがあるかもしれませんが、それはベストと同じであくまでイメージ。
こんな風にラフにもしっかり着こなせるんですよね。
何気なく使いこなすことができるのがシャツの醍醐味。
そして時にはクールにバックの刺繍を楽しむのも、フロントがシンプルだからこそ
楽しめる要素ではないでしょうか?

この刺繍のバランスの良さも、やっぱり大きなポイントですよね?

このシャツの魅力、是非もう一度楽しんで見るのはいかがでしょうか?
さて、そんなシャツ特集、次回は時にキレイ目に?
という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。

★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング 長袖シャツ ワークシャツ・TR19AW-401 GAS WORKER SHIRT     
==============================


★2019.10.03(木)更新★
今日のっ・・・ベストとしての。
 
さて、今日でベストに関しては
勝手に最終章的な感じではございますが。
デニム、シャンブレー、WABASH、のコットン性はもちろん、
ウールや、ビーチクロス等々。ベストに関しては本当にそれぞれではございますが、
先日から、お伝えしている素材が、革。

革と言えば当店で言うなれば、A-2をはじめライダース、そしてブーツ等々
という所かと思いますが、実のところ一般にはベストの革版も、
幅広く出ているところではありますよね。

今回ご紹介している、オルゲイユのワーカーズジレ。

オルゲイユというと、どちらからと言えばテーラーメイド調で
スッキリと奇麗な印象のスタイル、なのは言うまでも無いのですが、
革の素材もひょっとしてそうなのでは?なんて思いがちですが。。。

意外にこのベストに当てはめられている革は・・・
ワーカーズジレの名のとうり、キズやムラ感、シボやシワ感が
しっかり出ていて、ワイルドさがある雰囲気。

この風合い。ステアハイドならではの荒っぽさがしっかり出ていて
色むらや斑点もまたいい味出している革なんです。

 
そんなワイルドだと・・・硬いんじゃ?そう思われがちですが、
しっかりとオイルも入っていて、柔らかくて馴染みやすいのも特徴。
そして身体に吸い付くような革感が、よりこの革のイメージする重量感が
全く感じられないの要素で、サラリと着れるのが特徴的でもあるんです。

またこういったカラーだと、汚れやしみが気になる・・・
そう思いがちですが、その汚れやシワもガンガン着て味にしてしまう!
そんな気軽さがこのアイテム、だからこそワーカーズジレなんですよね。

またベストという形状であるがゆえに、
その革の着易さが、幅広く使える要素をUPしてくれている!
シルエットのタイトさも、その革の馴染みやすさと着易さが生んだ産物?
かもしれませんが、このモデル、本当にタイトなんです・・・。ワンサイズ下のイメージ。

さてシルエットはさておき、今回のこういったベストアイテム。
今回のように革を使用して、気軽に味わいを楽しむことができるのがベストの醍醐味。
革だとどうしてもジャケットやライダースで重たそう・・・着るシーズンが・・・
なんて躊躇してしまいがちですが、ベストというアイテムに落とし込んだスタイルが
ベストのスタイルもさりながら、革としての楽しみをUPしてくれるのではないでしょうか?

そしてベストもそうですが幅広い、革という素材のアイテムの幅広さを是非。

 
という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■レザーアイテム・クロージングストアスピリッツHP内。     
==============================

★2019.10.01(火)更新★
今日のっ・・・革でもっ!
 
先日よりベストについて語っております
この、「今日のっ」ではございますが。。。

ベストと言えども!それぞれ様々ですが!
そんな幅広く使えるベストなら!やっぱり着たくなる。
レザーの存在。
先日の最後のこの写真がそうですが。。。

オルゲイユのOR-073 ワーカーズジレ(ステアハイド)。
サイズがタイトですので・・・前が閉めれませんが。。。

やっぱり、どこかレザーアイテムって
着難かったり、入りにくいイメージがあるかもしれません。
が、実は意外にベストにしてイメージすると
幅広く使えるイメージになるんです。

如何でしょうか?革好きの方であれば
この見た目、ワクワクしてきません?

さて今回が最終章と言っておりましたが
この革の着易さの理由に再度フォーカスして終わりにしようかと・・・

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■オルゲイユ(ORGUEIL)レザーベスト ジレ・OR-073 Workers Gilet(steer hide)      
==============================

★2019.09.29(日)更新★
今日のっ・・・同じでも違う。
 
ここ連続で、ベストにフューチャーしておりますが
皆さん、正直その後のイメージはいかがでしょうか?
ちょっとでも印象変わりました?少しでもイメージが変わったのであれば
それは幸いでござます。

でも実際のところ・・・本当に着こなしも簡単?
そんなイメージや・・・使い勝手が悪いのでは?

なんて思ってしまったりもしますよね!
そこで今日は、ベストの汎用性の広さを鉄板な着こなしで!
確かにカットソーのイメージは付いたかもしれませんが、
やっぱりシャツの着こなしも気になる!そんな所かと思いますが、
最終的にベストを着ていると、着たくなるのがやっぱりシャツ。

じゃあ、先ずそのシャツ、そしてボトムはどのようなスタイルに?
という事で、シャツのスタイルなら鉄板的なこのスタイルで(個人的見解です。)

そう、インナーは白シャツ、ボトムはジーンズ!
※シャツはサウンドマンのボストン?、ジーンズはウエアハウス。
この白シャツ組み合わせ、意外としていないというか、なんかこっぱずかしい?
そんなイメージをもたれる方も多いかもしれません、でも結構このスタイルは
ベストだけでなく幅広く着こなしに使えるんです。勿論そのままでもOKですし!
だからこそ、今回はベースのスタイルにチョイスしました。
 
という事で先ずはちょっと渋めなスタイリングのベストのアイテムをチョイス。

左はサウンドマンのマーシー(刺し子インディゴ)、
右はオルゲイユのワーカーズジレを着てみました。
どちらかと言えば、渋さのある両者でも、カジュアルなジーンズ、そしてシャツでも
普通にすんなりとハマっている!この汎用性があるのがやっぱりベストの特権!

そしてお次は!ワークテイストで且つカジュアルなカラーリングで!

左はシュガーケーンのブラウンダックベスト、
右はサウンドマンマーシーのオリーブカラーを着てみました。
何だかクレヨンみたいな配置ですが。。。
これもまた先程同様の着こなしベースは統一で、ベストだけを変えてみた例です。
ワーク的なカジュアルさはもちろん、その色合いも、ベースなスタイルが
シンプルが故に、文句なしにカラーコーデもキマル!

よくよく考えてみると・・・
普通にいろんなスタイルのベストが使えるのは、言うまでも無いんですが、
白シャツの汎用性はもちろん、そう、シャツやTEEシャツを選ぶような感覚で
ベストが使えちゃうという、気軽なアイテム要素なんです。

そしてその素材も然りで・・・

革のベストも有りなわけなんですよね!しかも着こなしはいつものスタイルと同じでOK!
着用アイテムはオルゲイユのレザーワーカーズジレ

勿論、ベストと言えばクールにクラシックに決めるのは間違いなしにカッコよく、
そのスタイルも、幅広く着こなしで楽しめるのは言うまでも無いですが!
先ずはいつものスタイルで、シンプルにベストを楽しんでみる!
そしてあえて新たに合わせるのではなく、先ずは今着ているアイテムで
持っているアイテムで楽しめちゃうという汎用性が、使い勝手の要素であるという点。

ベストってだから使い勝手が良いんですよね♪
この使い勝手の良さを逆手にとって!
シャツのような感覚で楽しんでみるのもアリかと思います!

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
次回はベストに革って?です。ちなみにベストフューチャー最終章です(勝手にですが)

★今日のっ!ピックアップHPは!→■オルゲイユ(ORGUEIL)ベスト・OR-4097 Workers Gilte     
==============================
 

★2019.09.28(土)更新★
今日のっ・・・開きでいける!」
 
先日から展開させて頂いている、
ベストの着こなしの今日もまた続きですが・・・
ベストを着るうえで、やっぱり気になるポイントと言えば
中に着用しているインナーをINするか、それとも出して着るかという所。
例えば今日はこんなベストのスタイル。

今日はサウンドマンのマーシー(40IN)に、タフネスのW-1008バンドカラーユニオンシャツ、
ウエアハウスのチノ(グリーン)、ミルリーフのスニーカーでの昨日とほぼ同じ?カジュアルなコーデ。
ですが、丁度この時期使っちゃうんですよね〜タフニットW-1008。とその話題ではなく・・・
本題は何故ベストを開けてきているかという所なんです。
こういったカットソーをはじめ、シャツもそうですが、どうしてもサイズによったり
そのモデルによったりで、着丈のバランスは変わってきますよね?

例えば今日着用しているタフニットW-1008。元々着丈が長めで設定されているアイテム
名のは言うまでも無いですが、これをそのまんまベストを閉めてきてしまうと・・・

この感じなんです。えらくベストからの出方が長くなって、
(意図的にインナーの着丈を伸ばしてきていますが・・・)
今っぽく着る?感じでこんな着こなしも見たことはありますが、見栄えもどうもしっくりこない。
勿論、パンツインしてしまえば全然問題ないのですが、それには抵抗がある・・・

だったらこんな風に!!!

フロントをズドンと開けてしまうのも、見栄えの印象が先程のバッチリと出ている着丈感でも
バランスよく見えるんですよね♪そして逆にベルトのバックルに引っ掛けるようにしてもOK!
(先程同様に、あえて着丈は意図的に伸ばしています。)
フロントのボタンを締めないだけで、これだけ雰囲気が変わるんです!!!

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

裏技的に行けば、ベルトのバックルに引っかけるのもそうですが、
ちょっとインナーの裾を上に引き上げてたわませるだけで、こんな風にバランスよく上に上がっちゃう、見た目も、もたつきが無いんですよね♪

そしてベストの形状も、そう自然に魅せてくれる要素の一つ!
このサウンドマンのベスト。後ろの着丈がしっかり確保されているところも、
実は魅力な要素なんです。

この横のスタイリング、このカット、そして形状だからこそ、少々長めの着丈のアイテムでも
シャツINせずに着こなせちゃうのも事実な所なんですよね♪

カットソーだから、これだけ融通が利く?というのもあるかもしれませんが、
シャツでも同じことなんです、明らかに長い着丈のシャツであればINした方が早いですが、
中間的な長さの場合は、同じ要素でベストを開けて着ると意外に自然に映えることがあるんです♪

如何でしたでしょうか?あまり参考にならないかもしれませんが、ベストを開けた状態、
閉めた状態でここまで変わる、これもベストの面白みです!是非一度試してみてくださいね♪
さて、今日はベストの前は開けるもの閉めるもの特集でしたが、
次回は、同じボトムスでベストを様々にコーデ!です。

という事で今日はこの辺で、
店員もりいでした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■TOUGHKNIT W-1008 BAND COLLAE UNION SHIRT・タフネスワークウエアコムHP内     
==============================

★2019.09.27(金)更新★
今日のっ・・・夏から秋のっ。
 
丁度この時期、日中は何着ていいか
変にまだ暑さがあるのも事実な所。
先日よりご提案させて頂いているベストですが
確かにわかるけど・・・イメージが・・・。
正直どんな風に着こなしていいかわからなくなる。
というのも本当のところだと思います。

ベストだと・・・堅いイメージ?
ベストだと・・・シャツ着なきゃいけない?
ベストだと・・・インナーは長袖のみ?
ベストだと・・・カジュアル過ぎるとダメ?

なんてあるかと思いますが、絶対これ!にはこれ!という
スタイルのアイテムでは無いのがベストの強みなんです。
例えばシーズン的なスタイルで言えば!少し秋のスタイルの印象もチョイスして♪

着用しているベストは、サウンドマンのマーシー(サイズ40)。
インナーはタフニットW-1008バンドカラーユニオンシャツをサラリとコーディネート。
帽子はトロフィーのハットで、細めのジーンズ、ブーツでのあくまでカジュアルな
イメージのアイテムをチョイスしてコーデをしてみました。

如何でしょうか?
堅いイメージも無い、シャツでもない、長袖じゃない、カジュアルに寄ったスタイリング。
意外にイメージが先行すると、どうしても合わせにくかったり
丁度いい羽織りのアイテムになるのに、使いにくいと感じたり・・・。

そんなイメージになりがちですが、実はイメージと異なるのがベスト。
勿論、確かにインナーにシャツを着る、そのチョイスは間違いなくハマるスタイルですが
あくまでワーク系のベストのスタイルであれば、こういったカットソーも使えちゃう!

またロンTEEや5分や7分袖系は暑い・・・
そんな方であれば、意外に半袖のプリントTEEも、
こんな風に帽子をアーミーキャップに変えて、カジュアルに着こなせるんです。

完全にカジュアルな感じでも全体にまとまっていればOKなんです、
そうプリントTEEでも良し、無論ボーダーTEEでも違いなく合うんです。

いきなりは長袖のスタイルやジャケットはまだ無理・・・
そんな方には是非、このベストのスタイル!
夏のスタイルと秋のスタイルを融合したような、
快適に且つ、シーズンも考慮した見栄えが確保できるのではないでしょうか?

という事で今日はこの辺で、
店員もりいでした。
次回はベストの前は開けるもの?閉めるもの?です。

★今日のっ!ピックアップHPは!→■サウンドマン(Soundman) ベスト・M376-999N "Marcy(マーシー)"      
==============================
★2019.09.26(木)更新★
今日のっ・・・このスタイルで♪
 
やっと朝晩の肌寒い感じがあれども
日中の日差しは、まだまだ厳しいこの気候。

でも、よくよく考えると・・・秋ってこんなもん?
さて、先日インスタなどでもUPしたこの着こなし。

チラッと今日のっ!でも上げておりましたが、
やっぱり正直、日中はベストが一番使えるシーズン。
ここ数年ベストも、一般的に着こなしの中で認知されてきてはおりますが、
実はまだまだ、どう着ていいかわからない・・・いまだ踏み込めない・・・
なんてお声を聴くのも本当のところ!

だから!今回は!ベストについての着こなしをフューチャー!
例えば今回で言えば、意外とベストではやらない?
同色系のカラーリングで合せてみたのがポイントなんです。

そして実はトーンさえ違えば、同色でもバッチリイケル!
その事実がこの着こなしであるという所と、インナーはあえて薄めで
明るめのカラーを着る、これが全体の見た目でスポーンと抜けて
同色系の嫌味さを消してくれる!あとはブーツ、そしてハットで、
季節感とクラシカルな大人な要素をイメージしてUPしてみました!

ベストと言えば、何処か硬さや、気難しさがるかもしれません。
でも、一番手っ取り早く着こなしに有効なのは、簡単に言うとおしゃれる映えるのは
このプラスの一枚のベストではないかと!

勿論、シーズンのはざまのその時だけでなく、寒くなればインナー、
暖かければ、アウター(羽織り要素)で楽しむのもできる汎用性がある、
そう使い勝手の幅が広いという事なんですよね♪

さて、ベスト、次回も違う着こなしの紹介で♪

という事で今日はこの辺で、
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■ウエアハウス 長袖プリントTEE・Lot5906 長袖クルーネックT "TIMMERMAN"      
==============================
 



★2019.09.24(火)更新★
今日のっ・・・今からとこれから?
 
気が付けば、九月も後半。
自然と軽い羽織りモノや、レザーが気になるころですが・・・
まだまだやっぱり、実用的には難しさもあるのが本当のところ。
さて、そんなレザージャケットの着こなしを
先日もご提案させて頂きましたが、今はやっぱりこのスタイル?

ロンTEEにベストでいけてしまうのが本当のところ。

ではありますが、このインナーのベストも実はこんなスタイルで着こなすと
スタイルのイメージも変わるんです。

そうトロフィーのハミングバードジャケットを
今回一番最初にご提案した、ロンTEE&ベストの上に羽織ってみました。
カジュアルでワークなスタイリングがポイント、ダックのシュガーケーンのベストが
差し色で効いていますよね♪

そして大人でクールな印象で行くなら、
やっぱりキャスケット&WABASHのベストがワークさもUPさせて、
嫌味の無い大人な要素を感じさせてくれていますね。
 
そう!意外とベストのアイテムにもしっくりくるのが
このトロフィーのハミングバードのスタイリング。
その理由はやっぱりジャケットのシンプルな形状にある!
そう思いますが、重ね着をしても苦にならないその理由が・・・
この仕様のおかげなんです!

ライニング、そしてそのライニングのチョイスの上手さなんです。
このライニングというパーツ、実は使い勝手とその着易さに
非常にかかわってくるんですよね♪

主張しすぎない押さえられたトーンと、
厚過ぎず、安心できる強度の薄すぎない質感と、
なめらかに滑りやすい、その袖の通りの感覚と、肌触り感。

まさに丁度いい、スベリ感と安心できる厚み、
一見レーヨン素材?そう思わせるようなコットン100%の生地は
本当に着易さをUPしてくれるんです。
だからこそ、最初のような画像のベストを使った
重ね着のスタイルにも、すんなりと行けちゃう要素。

また、シンプルな見た目の形状だからこそ、どんなベストでも
幅広く使いこなしは利く。
今丁度、軽く着れて、行く冬のシーズンにはインナーに。
ベストの汎用性は、本当に使えば使うほど見に染み入る感じですね。

またそんな幅広い着こなしが出来る、トロフィーのハミングバードJKT。
細かい要素かも知れませんが、ライニングなどのチョイスも大きなポイントに
なるのではないでしょうか?

という事で今日はこの辺で、
店員もりいでした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■シュガーケーン ワークベスト・SC14375 13oz. BROWN DUCK WORK VEST     
==============================
 
★2019.09.23(月)更新★
今日のっ・・・革スタイル。
 
レザーが非常に注目を浴びている中ではございますが、
基本的にやっぱり、それぞれの着こなしは気になりますよね♪
という事で今日は、あえてこの2パターンの着こなしのご紹介。

ポイントはクールさとカジュアルさです。

先ずは画像左。
トイズマッコイA-2(42)にインナーは
タフネスのW-1008バンドカラーユニオンシャツ、
パンツはオルゲイユのワーカーズトラウザーと、
少しだけクラシカルな要素と大人な色合わせで、
クールにカジュアルしてみました。

定番カジュアルに着こなせるA-2だからこそ、クールに!
足元のブーツはクラシカルでドレスタイプのブーツでも良いのですが、
あえてレッドウィングを持ってきました、ほんのりカジュアル感も
やっぱり残しておきたかったのも有って・・・。

そして画像右
トロフィークロージングのハミングバードJKT(42)を
インナーはトイズマッコイの半袖ボーダーTEE、
パンツはウエアハウスのチノ、グリーンカラーをチョイス。
あえてしっかりとカジュアルに着こなしの提案をしたかったのが
このトロフィーの一枚なんです!

どちらかと言えば武骨な!という言葉がよく似合うJKTの感じですが、
着こなしアイテムをこんな風に変えるだけでよりカジュアルになる♪
バズのデニムキャップやミルリーフのスニーカーをあえて持ってくることで
全体を和らげてくれるカジュアルな要素があるかと思います!
 
今回は着こなしを、ジャケットのイメージから正反対のスタイルで
着こなし提案してみました!やっぱり気になる両者のレザージャケット。
実は意外な汎用性とスタイルの広さ。
こんな風に対照的に着こなししてみるのもアリかと思いますよ!

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■レザーアイテム・クロージングストアスピリッツHP内。     
==============================
 


★2019.09.20(金)更新★
今日のっ・・・革、だから。
 
先日からご紹介させて頂いている
トロフィークロージングのハミングバードジャケット。
今日は着こなしではなく、番外編ですが。。。

形状も言わばなんて事の無い、スポーツジャケット形状。

見た目はそう、イメージされるかもしれません。
ただこのジャケット、そのシンプルさには理由がある。。。
見れば見るほど、着れば着るほど、そう思わせてくれるのは
間違いのない事実。

そしてその理由は、やっぱり革。

単純に馬革を使用した・・・ではなく、
あえて自然に、シワや傷、そしてシボ感などをジャケット随所に使用した
馬革、そして革というものの元来の表情や風合いを大切にしあげられた一枚。

このリアルな動きのある革としての自然なシワ。

細かい立体なシボ感や傷感さえも、そのままに。

そしてA-2と同じく、一枚で仕立てられた背中のパネルも。

このジャケットアイテムの面白さと、
ダイレクトに感じる革の味わい・・・そして立体感。

背中に入る、このワイルドなシワ、そしてシボ。
ギラツキ過ぎないその自然な表面と、見るだけでも触れたくなるその立体的な質感。

この自然な表情と質感、だからこそ、革というものを着実に体感できる。
その革のコンセプトを確実にメインとしているブランドイズム。
 
今や幅広くあるスタイルのレザージャケットと言えども、
これほどまでに、革を楽しむ、そして楽しめるアイテムは中々無いのでは?
なんて思わせてくれる今回のこの一枚。

確かに、A-2と比べて、革の厚みがあり重量は多少の重さがある。
でも、だからこそ、本来の革のジャケットの姿を、この一枚の
この革だからこそ味わえる、そのコンセプトがしっかりと表れている
そんな気がヒシヒシと伝わってきます。

シンプルな形状で、革をメインにも楽しめる。
そして着込んで行ったとき、この革だからこそ出る自然な立体感、
納得のいく革ジャケットとしての、経年変化が楽しめるのではないかと。。。

トロフィーの代表江川氏が、
毎シーズン定番で変わらずに、このジャケットをリリースする理由。
そして自身で最高の出来と豪語する理由が、見れば見るほど納得のいく
そんな気がした、今日は意外と真面目に、しかも珍しく革を語る?
店員の森井でした。

形、そしてモノは全く違えども・・・

同じ革ジャケットとして、こんな変化が、楽しめそうなワクワク感。
それも革ジャケットだから楽しめる大きな要素では無いでしょうか?

★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング レザージャケット・TR-YL08 HUMMING BIRD JACKET     
==============================
 
 
★2019.09.16(月)更新★
今日のっ・・・革じゃん物語?
 
9月も半ばというのに・・・暑いですね。
まだ革ジャンは流石に。。。そんな季節ですが、
店頭や通販では
A-2が今年は動きが速いんです。

そんな中、入荷した先日よりご紹介の
トロフィークロージングのハミングバードジャケット。
今回は着こなしのご紹介です。

どうしてもスポーツジャケットと言えど
ライダースっぽく映ってしまう。。。
そんなイメージかもしれませんが!
着こなし一つでそれは間違いなく回避できるんです!

例えばこちら、ちょっとワークスタイルにコーデ。

着用サイズは40IN。
インナーにトロフィーのガスワーカーシャツを着用して
ウエアハウスのヘリンボーンパンツ、ウエスコのブーツで
やや武骨なスタイルでのコーディネート!
ポイントはあまり武骨過ぎないようにコリンボのハットをチョイスしました!
意外と王道な着こなし要素にも思えるかもしれませんが、
実はそこもポイントなんです!安心して着こなせる要素ではないでしょうか?

そして、よりカジュアルなイメージで!

着用サイズは42IN。
あくまでカジュアルさを前面に、インナーにトイズマッコイのボーダーTEE、
パンツはタフネスのチノ、ブーツはレッドウィングのオックスフォードで、
帽子はメカニックキャップをチョイス、革ジャンのイメージをあくまで柔らかく、
あくまでラフにカジュアルさを前面に出してコーディネートしてみました。

如何でしょうか?このサイズも相対した?(笑)着こなし。
意外と簡単で、実はこれだけのスタイルのふり幅がある!
このトロフィーのハミングバードジャケット。
A-2もそうですが、革ジャンの気軽さを
より楽しませてくれる要素ですよね♪

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング レザージャケット・TR-YL08 HUMMING BIRD JACKET     
==============================
 
 
>
★2019.09.15(日)更新★
今日のっ・・・このイメージ。
 
先日ご紹介した。
トロフィークロージングのハミングバードジャケット。
シンプルなデティール。
嫌味のないスタイリングとシルエット。

そして何より・・・

イメージより異なる。
革の馴染みやすさと、着心地の良さ。
厚めでコシ感が強い印象がありながら、
実は着用すると、非常にからだになじみやすく、
嫌味なストレスも感じない。

そして着こなしも、
幅広く着こなしを楽しませてくれる。
そんな自由なスタイリング性。

着用サイズは40IN。

着れば着るほど楽しくなる。
そんな印象を感じさせてくれる
この一枚。
やっぱり見逃せない。

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング レザージャケット・TR-YL08 HUMMING BIRD JACKET     
==============================

★2019.09.14(土)更新★
今日のっ・・・コレです。
 
本日入荷の予告していた
このアイテム。
このブランドらしい表情と質感。
そしてシルエットとスタイリング。

トロフィークロージング TR-YL08ハミングバードジャケット。

気軽に何気なく、
着込む楽しみを感じさせてくれる。
このレザー、そしてシンプルな形状。
まさにトロフィーを代表する。
至極の一枚。

トロフィー代表、
江川氏が最高の出来と豪語する
この一枚は、見るだけでも確かにうなずける。
味わう楽しみを感じさせてくれる。
これは見逃せない。 

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング レザ―ジャケット・TR-YL08ハミングバードジャケット。後日掲載予定。    
==============================

★2019.09.13(金)更新★
今日のっ・・・ザックリで!
 
ようやく今日は、羽織りたくなる気候。
でもやっぱりまだ早い???

そんな時はザクっと。
王道なアイテムで!!!

着ているのは
■ヘッドライト(東洋エンタープライズ)HD12235A HEAD LIGHT 11oz DENIM WORK COAT
サイズは38IN。
流石にこのサイズではないワタクシですが、

このデニムの感覚、風合い、気軽さと軽さ。
シャツのようにザクっと着こなせる感覚。
カバーオールの強みですよね。

久しぶりに王道なテイストも
間違いなく有り!
この気兼ねない感じ、個人的に好きなスタイルです。

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■ヘッドライト(東洋エンタープライズ)カバーオール・HD12235A HEAD LIGHT 11oz DENIM WORK COAT      
==============================

★2019.09.12(木)更新★
今日のっ・・・背中で着たくなる。
 
先日まで当店で開催されていた
トイズマッコイの秋冬内覧会。
そんな中でも
やっぱり話題に上がったのが
カスタムモデルのアイテム。

そんなカスタム系のアイテムは、
ミリタリーだけにあらず!
やっぱり
背中で語れる、
背中で着れるアイテムは
今だからこそ、無性に着たくなる。

スタイルを少し変えて

着用カラーはグリーン。
ミリタリーテイストをカジュアルに
着こなすのも良し。

そして武骨に

着用カラーはチャコール。
エンジニアブーツでガチっと
クールにポークパイハットでも良し。

この絶妙な背中のスタイル。
やっぱりこの世界観は、
ミリタリーだけにあらず、
幅広いアメカジスタイル感を
楽しむことができますよね!

このアメカジならではのスタイルを
是非、気軽に先ずはシーズンをシャツから
楽しんでみるのも如何でしょうか?

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■トロフィークロージング 長袖シャツ ワークシャツ・TR19AW-401 GAS WORKER SHIRT     
==============================

★2019.09.10(火)更新★
今日のっ・・・刻々と!
 
暑さはさておき、
季節的には刻々とそのシーズンを
迎えようとしておりますが・・・。

春夏もそうですが、
より幅広いスタイルアイテムを
楽しめるのが秋冬。
刻々とそのイメージをさせてくれる
アイテム達も・・・

今年はどんなスタイルで楽しみますか?

随時ページもUPしていきますので
このシーズンもしっかりと楽しんじゃいましょう♪
という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。

★今日のっ!ピックアップHPは!→■シュガーケーン ワークベスト・SC14375 13oz. BROWN DUCK WORK VEST      
==============================

★2019.09.09(月)更新★
今日のっ・・・こちらも、そろそろと!
 
しかし乍ら暑い。
そして、しかしながら・・・熱い!
トイズマッコイの秋冬内覧会も本日で終了。
皆様本当にありがとうございました。

そんな中、A-2を始めとして
羽織りモノアイテムが徐々に入荷しておりますが!
このアイテムもそろそろシーズンなんです。

そう!長袖のシャツアイテム!
着用しておるのは
■サウンドマン(Soundman) 長袖BDシャツ・215M-965O Boston。

このサウンドマンのシャツ。
ワタクシも個人的に、春夏のアイテムで持っているのですが
今回もデティールや生地は変更になっているものの、ボストンシリーズで登場!、
非常にシルエットも着易くて幅広いスタイルコーディネートにハマるんです。

一枚でも良し、インナーでも良し。
使えるんですよね〜♪

さぁ〜まだまだ暑さはあるものの、季節は秋近し。
久しぶりに長袖のシャツ。
チェックしてみませんかぁ〜???
久しぶりに、意外に新鮮。
楽しめますよ〜。

という事で今日はこの辺で
店員の森井でした。
★今日のっ!ピックアップHPは!→■サウンドマン(Soundman) 長袖BDシャツ・215M-965O Boston     
==============================